枝雀の「ふたなり」

Posted by arab3w on 8月 12, 2012 in 未分類 |

枝雀の「ふたなり」

あのおやっさんが大好きなのでございます。ことにあのホラ噺をしてるところのうれし さなんか「胴乱の幸助」のおやっさんにつながる「わたくしが!」的人間の典型ですね。 ホラ噺のくだりを機嫌よう演ってる時に、何かの拍子でフッと「あア、このおやっさん、 今は気持ちようしやべってるけど、もうじき首くくって死によんねんなア」と思うことが あります。その時はつくづく「人間というもんは一寸先はわからんもんやなア」とわれな がら感心いたします。死人の出てくる噺は「算段の平兵衛」とか「らくだ」とかいくつか ありますが、いずれも死体は小道具やと割切ってますので何とも思わないのですが、この おやっさんは生前まことに生き生きしてはりますんで、つい無常感を感じたりするのでご ざいます。

イラストを使ったメッセージカード
カタログで選ぶ逸品
別冊グルメカタログのメリット

Reply

Copyright © 2017 カタログギフトあれこれ. All Rights Reserved.
Theme by Lorelei Web Design.